生き方・働き方

【2019年最新版】メルカリ・ラクマ転売は稼げない?評判や口コミを調査!

【2019年最新版】メルカリ・ラクマ転売は稼げない?評判や口コミを調査!

手軽に副業してみたいと思った時に、今流行りのメルカリラクマでものを売ることを思いつく方も多いのではないでしょうか。

2019年においても、フリマアプリを使って転売を副業にしている方はいらっしゃいます。

キョウ
キョウ
稼げている人もいれば稼げていない人もいるみたいですよ!

今回は「メルカリ・ラクマ転売は稼げない?評判や口コミを調査!」と題して、実際フリマアプリを使った転売は稼げるのか?デメリットはあるのか?など、気になることを調査していきたいと思います。

メルカリ・ラクマ転売は稼げない?評判を調査!

メルカリやラクマで実際に転売に成功している人はいるのかどうか、気になったので調べてみました!

安く仕入れて高く売るのがせどり・転売の基本ですよね。

実店舗で安く仕入れてメルカリで高く売ることに成功している人は確かにいるようですね…!

メルカリやラクマ内で仕入れたものを高い値段で転売する人もいるようですね。

前の出品者にとってはあまり心象よろしくないことでしょうけども、ビジネスとして割り切っているということなのでしょう。

アイドルグッズやアニメグッズなどの限定品もメルカリやラクマで転売されているようですが、これについてはファンの人たちの反感を買っていてあまりいい印象は持てないですね…!

確かに、限定品が欲しかった人の手に渡らずに高額で転売されているのは悲しい気持ちになります…。

メルカリ・ラクマ転売のデメリット

メリカリやラクマを使って転売で稼いでいる人は確かにいるようです。

しかし、メルカリやラクマを使って転売することに何かデメリットはあるのでしょうか。

ぴよ
ぴよ
デメリットのハードルが高いと少し抵抗があるな…
キョウ
キョウ
そうだと思ってフリマアプリ転売のデメリットを集めてみたので参考にしてね!

手数料がかかる

メルカリもラクマも出品するのに手数料はかかりませんが、出品したアイテムが売れた時に

  • メルカリ:10%
  • ラクマ:3.5%

の手数料が売り上げから差し引かれます。

またフリマアプリの暗黙のルールとして、商品発送時の送料は出品者が負担するというのがあります。

つまり、商品が売れたとしても手数料分と発送費用はかかってくるというわけですね。

なので、仕入れ代と手数料・送料を考えて販売価格を決めていかないといけないです。

それも高くなりすぎると今度は売れなくなってしまうので悩みどころですね…!

在庫を抱える必要がある

転売をしようと思うと、どうしても仕入れた商品を在庫として抱えるリスクがあります。

在庫を保管しておく場所を確保しないといけないですし、売れなかったらずっと在庫を持ったままという状況になります。

在庫の保管状況にも気を使わないといけません。保管しているうちに日焼けしてしまったり湿気にやられてしまうと価値が下がってしまいますからね。

在庫管理は結構神経をすり減らす業務だと感じます…!

梱包・発送などの手間がかかる

アイテムが売れたら、自分でアイテムの梱包や発送の手配をしないといけません。

梱包には緩衝材や発送用の箱、袋が必要ですし、発送に関してはどこの業者に発送をお願いするかで送料が変わってきたりします。

そして宅配業者に持っていくのか、取りに来てもらうのかなども考えないといけません。

この辺りの作業を楽しんでできる人ならいいですけど、副業でやろうと思うと結構大変な作業になってきます。

商品の状態を見抜けないと、仕入れた商品が売れない

もしメルカリやラクマで商品を仕入れて転売する場合は、安く仕入れられるかもしれませんが、商品の状態をしっかり見抜くための洞察力が必要になってきます。

ボロボロの商品を安く仕入れたところで、転売の目的である「高く売る」という目標が達成できないですからね。

状態が悪い商品の在庫を抱えてしまうと、結果売れずにモノだけ手元に残るという一番最悪なケースに。。。

安く出品されている商品は出品者も商品の価値があまりわかっていないケースもあり、めっちゃいい状態なのに安く出品している時もあれば、本来なら売れそうにないようなボロボロの状態のものに値段をつけて売っている場合もあります。

その辺りを商品の情報や写真、出品者との交渉で見抜く力が必要になってきます。

まとめ:手間を惜しめば稼ぐことは可能!

フリマアプリで転売に取り組むのにはある程度デメリットもありますが、そのデメリットはほとんどが「手間がかかりまくる」というもの。

なので、その手間を惜しまなければ「安く買って高く売る」を愚直に実行していくことで稼ぐことは可能です。

それが難しくてやめてしまう人がほとんどだという話も聞きますが、「我こそは愚直の人!」という方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

メルマガ講座バナー