生き方・働き方

アラフォー独身女性は結婚を目指すべきなのか?自分らしく生きていくにはどのくらいお金かかる?

アラフォー独身女性は結婚するべきなのか?自分らしい生き方とは

こんにちは^^キョウ@KMystageです!

30代も後半に差し掛かり、親戚などの寄り合いに顔を出すと「結婚はまだ?」と言われる頻度が上がってきました。

女にとって結婚はゴールなんでしょうか?

私は違うと思っていて、自分の人生を自分の思い通りに生きていきたいと思っています。

今回は、アラフォー独身女性は結婚を目指すべきなのかどうか、理想の生き方とはどんなものかについてまとめていきたいと思います。

アラフォー独身女性は結婚を目指すべきなのか?

「アラフォー 独身 女性」で検索すると、びっくりするくらい「婚活サイト」のコラムが出てきます。

検索する人が本当に結婚に関する情報を求めているのかどうかはわかりませんが、世の中がそのように判断しているのでしょうか。

アラフォー独身女性は結婚を目指すべきなのかどうかという点について、私なりの結論から言うと、したかったら努力すればいいし、しない生き方を選択するのも全然ありです。

キョウ
キョウ
私はしない生き方を選択しています。

確かに風当たりがきついと感じる時もありますが、自分が自分らしくいきていくには結婚すると言う選択はそぐわないと言う判断の元です。

あなたはどうでしょうか。

アラフォー独身女性の特徴?

婚活サイトのコラムなどを読んでみると、よくよくアラフォー独身女性の特徴が「結婚できない理由」としてまとめられています。

  • 頑固である
  • 融通がきかない
  • プライドが高い
  • 甘やかされている
  • 理想が高い

などなど。枚挙にいとまはありません。

なんだかネガティブに書かれているようで癪に障りますが、確かにこれら全てに当てはまる人は結婚できないだろうなと思います。結婚どころか社会的にうまくいってるのか心配になるレベル。

でも、こう言う人って本当に結婚したいって思っているんでしょうか…?

結婚だけが全てじゃない。一人でも生きていける術を身に着ける!

結婚しないにもいろんな選択肢があると思います。

  • 完全に一人で生きていくパターン
  • かつて結婚をしていたけど、離婚して一人のパターン
  • パートナーはいるけど結婚しないパターン
  • 独身同士の仲間で生活をシェアするパターン

どのパターンにしても、結局不安に思うのって、将来や老後のことじゃないですか?

50代60代になっても一人だったら生活に困らないだろうか、とか
老後の面倒は誰が見てくれるんだ、とか
年齢を重ねれば重ねるほど新しい出会いは減るから単純に寂しいんじゃないか、とか

でもこれらのことって、ぶっちゃけお金で解決できることですよね。

ある程度お金があれば生活には困らないし、

老後の面倒もお金を払って介護サービスを利用すれば問題ないし、

お金がなければ出会いの場に出ていくのにも消極的になりがちだけど、お金があればいろんな年齢相応のイベントに参加してみたりしていろんな人との交流はもてるはずですよ。

なのでバリバリ働けるうちから貯金をしておいたり資産を作っておくのはとっても大切です。

しかし、なかなか会社の給料では貯金もままならないし、気ままな一人暮らしにはお金がかかりますから貯金できないのが現実ですよね…。

そして自分らしく生きていくにはどうしてもお金は必要になってきます。我慢して生活を制限して自分らしく生きていけるとは私には到底思えません。

お金も生活も我慢しないでいい程度に自分らしく生きていきたいですよね。

自分があとどれくらい働けるかと自分の生き方を照らし合わせよう。

貯金できないまま40代に突入しまった場合、これからどのくらい働けるんだろうって実際に計算してみたことありますか?

私の場合

キョウ現在35歳
キョウの両親が70歳です。

両親は今のところ元気ですが、介護がどのくらいから必要になってくるのかを調べてみると、

厚生労働省の調査によると、要介護認定を受け始める平均年齢が75歳、認知症高齢者グループホームを利用している人の半数以上が85歳という。つまり、一般的に75歳までは介護を必要とせずこれまで通りの生活ができ、80代になると介護を必要とする度合いが進み、80代後半になると特定の介護付き施設に入居する可能性が高くなる。

引用:日経マネー

とのことなので、ざっくり85歳くらいからは本格的な介護が始まると思っています。

私は兄が二人いますが、正直当てにならないので、親の介護は私が面倒をみないといけないと覚悟はしています。

親が85歳になる頃に会社員の仕事をやめて介護に専念すると考えると、私は50歳になっていますよね。

そこから親の介護が10年続くとします。

そうなると、私は60歳です。

キョウ
キョウ
正社員での再就職は絶望的ですよね。

さらに自分も高齢に差し掛かっていることもあり、選べる仕事も限られてきます。

かなり低賃金の仕事しかないでしょう。

年金も私たちの世代は正直当てにしない方がいいでしょう。

そこから85歳まで生きて自分にも介護が必要になってきます。

独身なので子供に面倒をみてもらうことは不可能なので、デイサービス老人ホームにお世話にならないといけなくなります。

どれだけお金がかかるかわかりませんが、政府がかつて「老後には2000万円は必要だ」といったことを参考にすると、この2000万を35歳の現在から親の介護が始まるまでの15年間で貯めていかなければなりません。

私の会社員としての手取りはざっくり20万くらいで、生活費が18万くらいなので、月々2万円くらいの貯金額と考えると、

2万円×12ヶ月×15年=360万

15年で360万しかたまらないですよ…!

2000万には程遠い…!!!

自分で言うのもなんですが、全然贅沢していなくてもこれくらいの生活費はかかっています。

さらに自分の好きなことにチャレンジしたり、自分らしく生きていこうと思うと、さらにお金がかかってくることも考えられます。

だって高齢になって生活費カツカツで生きるなんて、まさに死ぬために生きてるようなもんじゃないですか?

そんな生活、私はごめんです。

いつまでも自分らしく生き抜きたい。

そう考えると、あとはもう収入を増やすしかないんですよね。

ではどうやって収入を増やすか。

キョウ
キョウ
私は自分に合っている収入源の確保の仕方を見つけました!

今からでも始められる収入源の確保!

私は収入源を別に確保すると言う意味でもブログを使ったアフィリエイトをしています。

元々は自分の好きなことを発信していたブログですが、その情報が価値になればしっかり収益を上げられるようになる仕組みを学んで実践していると言うわけです。

キョウ
キョウ
今では自分の好きなジャンルのブログを作りながら会社のお給料以外の収入源を作ることができています。

しっかり取り組むことで収益を月に10万円以上に伸ばすこともできました。

会社の終わった後にアルバイトに行くのは正直きついので、自宅で自分のペースでコツコツ記事を書くことで収益をあげることができる今のスタイルがかなり気に入っているし、いろんな人にオススメしたいですね。

もしあなたもこの収益源の確保に興味があるようでしたら、私にもお手伝いできることがあるかもしれません。

LINEのお友達になっていただければ私に直接メッセージも送っていただけるので、気になることがあったら遠慮なく聞いてみてくださいね

⇒ キョウのLINEってどんなの?

まとめ

今回はアラフォー独身女性は結婚を目指すべきなのか?と今後の生き方をかかるお金をもとに考えてみました。

結婚しないと言う生き方を選ぶにしても、現実的に降りかかってくる問題はお金のことがめちゃめちゃ大きいです。

会社の給料だけで老後のことも賄えるくらい収入がある人なら全然問題ないですが、正直私はきついので、収入源を増やすと言う生き方を選択しました。

ただ、やっぱり自分らしく生きたいと言う想いは強いので、自分らしさや自分の好きなことが武器になる「ブログ」と言う媒体を選びました。

正直、今の時代収入源を増やすならメルカリでもYoutubeでもやり方によってはできると思います。

私はブログが合っていると思うので、こうしてブログを書いています。

あなたはどうやって収入源を確保しますか?

メルマガ講座バナー